葬儀出席に必要なもの

葬儀に出席をすることになったら、用意をしておくべきものがいくつかあります。大切な物のひとつが香典です。香典袋は白と黒で、ちょうちょ結びの不祝儀袋と呼ばれる専用ののし袋を用意して、お金を入れましょう。
のし袋の表書きは、出席する宗教によって内容が違ってきます。仏教の場合は御佛前、キリスト教式の場合は御花料、神道の場合は御霊前と書きます。はっきりと故人の宗教や宗派が分からないという場合には、御霊前で問題ありません。
葬儀に出席する場合は問題ありませんが、注意をしたいことは、葬儀に出席できずに後日お宅に伺って弔意を述べる場合です。仏教の場合、四十九日までが御霊前ですが、四十九日を過ぎると故人が仏様になる、という仏教独自の教えに基づいて、御佛前と書きましょう。
中に入れる香典料は、間柄などによって金額が変わります。訃報は突然やってくるため、あらかじめ用意しておかないといけない新札を入れない方が良いと考える方もいます。

香典とは、亡くなった人に対して、線香や花の代わりに供えるものであり、現金を不祝儀用ののし袋に包んだものを言います。この時に現金を入れる袋のことは香典袋とも呼びます。
香典は訃報を受けた場合に、通夜や葬儀の際に持参するのが一般的です。どうしても通夜や葬儀に参列できない場合には、弔電をうったうえで現金書留にて香典を送るようにしましょう。その際にはお悔やみの言葉をつづった手紙を添えることを忘れずに行いましょう。
香典の金額の目安は故人との付き合いの深さによって異なります。勤務先の上司や同僚、部下の場合、5千円から1万円、両親や兄弟以外の親戚の場合には、1万円から3万円、友人や近所の人の場合には、3千円から1万円ほどが相場となっています。

<PR>女性の人生 / 心の童話 / 童話 / 女性向けエステ.com / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 住宅リフォーム総合情報 / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / オーディオ / 家計見直しクラブ / GetMoney / 内職 アルバイト /