葬儀における香典のマナー

葬儀に参列する場合、香典を用意して持参することとなりますが、その際には注意すべきことや決まりごとがあり、それに沿って用意する必要があります。ここでは、葬儀における香典のマナーについて、紹介します。まず訃報を受けたら、亡くなられた方の宗教について確認をします。その上で香典を用意し、通夜か告別式に持参しますが、弔問の際はご遺族も取り込んでいるため、香典は持って行かないようにしましょう。また、遠方のため、通夜や告別式に参列できない場合は、不祝儀袋にいれた香典を現金書留で郵送します。その際はメッセージを入れるようにしましょう。金額に関して、決まりはありません。持参する人の年齢や立場、故人やご遺族との関係に合わせて包みましょう。香典を手渡すタイミングは、通夜や告別式の受付時になります。並んでいる間に、自分の受付時にすぐに手渡せるよう手に持って準備しておきましょう。受付がない場合には、喪主やご遺族に直接手渡すのが一般的です。