香典のマナーと金額

香典とは葬儀で死者の霊前などにお供えする金品のことを言い、一般的にはお金を包みます。宗教によってのし袋の書き方が異なりますので、先方がどちらの宗派なのかを確認することが重要です。香典は、通夜または葬儀のどちらかにお渡しします。
のし袋の表書きは、仏教の場合で一般的なのは「御霊前」で、通夜や葬儀だけではなく四十九日よりも前の法要でも使用できます。
香典袋の水引の下側に自分の名前を書きますが、なるべく薄墨の筆で書くようにしたいものです。その際、仕事上のお付き合いだった場合は、名前の右上に会社名を書くとよいでしょう。
中袋がある場合は、表面の中央に金額を、裏面左側に住所と名前を記入します。市販のものにはあらかじめ記入する場所が印刷されているものもありますので、その場合は印刷の通りに従います。
相場は、故人が親族でなければ一般的には3千円から5千円と言われますが、故人との関係性や葬儀の規模なども考慮すると良いでしょう。いかなる場合でも、4千円や9千円など縁起の悪い数字は避けます。親族の場合、親は5~10万円、祖父母は1万円、兄弟姉妹は5万円、おじおばは1万円、それ以外は5千円~1万円が一般的です。