法事

喪中はがきとはどのようなもの?

喪中はがきとは、年賀状を控える旨を、前もって11月から12月上旬頃までにお知らせするために出す挨拶状のことです。一年間以内に近親者に不幸があった場合、喪に服していますので、慶びに関する行事を行わないことや、年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきますということを、年賀状をいただきそうな相手に出しておきます。年賀状を遠慮する旨を伝えることから、「年賀欠礼状」や「年賀状の欠礼はがき」などと呼ばれることもあります。年賀状受け付け開始の12月15日までを目安に出すとよいですが、年末に近親者が急に亡くなるなどで、前もって発送するのが間に合わないような場合があります。その場合は、喪中はがきを年賀状の返信として出すこともあります。