未分類

お葬式でお香典を用意する範囲

お葬式の知らせをいただいたときは、お通夜や葬儀に参列するということであれば、お香典は必ず用意することになりますが、葬儀が終わってから、喪中はがきなどで亡くなった方のお知らせをいただいたときは、お香典をお持ちするか、郵送でお届けするか、省略しても構わないかと迷うことがあります。
自分の身内の不幸のときに、相手の方がどのように対応してくださったかが一つの判断材料にはなりますが、そうしたことがない場合は、どうしたものでしょうか。
これは、気持ちの問題ですから、電話で遅ればせながらのお悔やみを申し上げることでも構わないし、お香典やお供え物をお届けしたいということであれば、亡くなった方と相手の方の続き柄はどうあれ、そのようにしたらいいのです。
血縁関係が薄くても、かつてお世話になった人であるとか、困ったっていたときに助けてくださった方であるというような場合は、その後縁遠くなっていたとしても、ご冥福をお祈りする気持ちを表すことが、何よりの供養になるはずです。