葬儀やお通夜にはお香典を

最近は、親しい人に不幸があったら、葬儀やお通夜に出ることになって、その準備をしていくことになります。通常ではお香典を持っていくことになるのですが、両方に参列する場合には先に出ることになるお通夜に持っていくことにするといいでしょう。両方で出す必要はないのです。そして、お香典袋にお札を入れて出すことになるのですが、表書きに関しては薄い墨で記入することにするといいでしょう。
また、遠方だったり、出席ができない場合には、郵送するという方法もあります。郵送する場合には現金書留にして、手紙を同封するようにしましょう。お悔やみの言葉などを含めた手紙を入れると丁寧なのです。
このように、お香典を用意する際には一定のルールがあるのですが、中身の金額に関しては故人との関係にもよるので、それに従って他の人と相談をしたりして決めるといいのです。持参をするときには袱紗を用意するようにしましょう。そして心からお世話になって人の冥福を祈りましょう。